あーさーの備忘録

ゆっくり自由に生きてます

東日本大震災

急に思い出した話を書きます。

7年弱前に起きた東日本大震災。 (もうこんなに昔なんですね)

当時僕は中学2年生で、学校の体育館で3年生を送る会を行っていました。 突然の長い揺れ。ガラスの割れる音。

急いで教室に戻りテレビをつけると、大津波警報の文字が。 震源から数百km離れた沼津でも、保護者引き渡しとなりました。 家に帰るための国道は津波警報のため通行止めになりました。

中学の体育館は、新しいものができるまで立ち入り禁止になりました。 仙台の親戚の家は水たまりを残して跡形もなくなりました。 電池などの物資が不足し、大阪の友人が送ってくれました。

震災から1週間経ったある日、 国語の授業のはじめに先生がこんなことを言いました。

「大震災の報道を見て、 非日常に興奮してしまっている自分がいるんじゃないか。 みんなも自問自答してみてほしい。」

この発言は非常に衝撃的でした。 さして当事者でもない僕の気持ちを表現するに どれほど的を射た発言だったでしょうか。

多くの人が亡くなって、 生き残った人も過酷な避難生活を過ごして、 大規模な原発事故も起きて、

そんな状況に自分は興奮しているとするならば、 どれだけ残酷なことだろう、 と子どもながらショックを受けました。

こんなことをメディアで言ったら それこそ津波のような勢いで叩かれるでしょう。 しかしながら、それを的確な言葉で伝えた先生。 この立場だからこそできることだと思います。

不謹慎という言葉だけで片付けられるでしょうか。

ニュースや週刊誌に載っているのは他人の不幸ばかり。

これは人間の真理なのかもしれません。